ようこそ
 青蓮寺にお参り下さいました


青蓮寺の境内散策

「境内をご案内します」

早春の風景

青蓮寺の杖ことば

私たちは生かされている


  境内散策へ戻る 頚継地蔵尊 福禄寿 地蔵堂の仏像 半僧坊大権現 そのほかの見所 お出迎え
                                                 (前のページへ)

           青蓮寺の早春の境内をご案内いたします。

               2月後半〜3月中旬の境内です

仏の座

犬のふぐり

ボタンの芽が

シランの芽

フキノトウ

沈丁花(赤)

沈丁花(白)

紅梅

小梅

椿
 2月は寒さが厳しく、花は遅れ気味です。しかしまもなくやってくるであろう春の足音だけは感じさせてくれます。春の爆発を予感させる青蓮寺の境内です。
 

青蓮寺の境内は、自然豊かな場所です。一年中草木の花が絶えるときがないくらいに花に恵まれています。檀家寺ですが、境内を散策される方は実に多い。写真や絵画を趣味とする方々にも親しまれています。

厳しかった寒さも幾分穏やかに感じるようになりました。
日差しは暖かさを一段と増し、日だまりではやっと福寿草が可憐な花を咲かせました。