ようこそ
 青蓮寺にお参り下さいました


青蓮寺の境内散策

「境内をご案内します」

晩春の風景

青蓮寺の杖ことば

いつも笑顔を絶やさない(和顔・わげん)


青蓮寺の境内は、自然豊かな場所です。一年中草木の花が絶えるときがないくらいに花に恵まれています。檀家寺ですが、境内を散策される方は実に多い。写真や絵画を趣味とする方々にも親しまれています。

境内散策へ戻る 頚継地蔵尊 福禄寿 地蔵堂の仏像 半僧坊大権現 そのほかの見所 お出迎え
                                              (前のページへ)

新緑と言うにふさわしい、気持ちの良い季節ですね。 


モミジ(出猩々)

シャガ

山やつで

白花スミレ

スオウ

12単衣?

葉桜の下でツツジ

新緑の歴代住職墓

カラスノエンドウ

ねじり花の芽

ドウダンツツジ

蓮の芽吹き

睡蓮

熊谷草

白花山吹

桜草、紅・白

白藤


シラン

八重桜


4月中旬〜5月中旬まで

 今年はとても花が早いですね。蓮も睡蓮も、どんどん動き出しいています。春の花を追い越して、次々と晩春の花々が咲き出している青蓮寺の境内です。


ボタン

ボタン

エニシダ

エビネ

                               以上5枚は4月27日撮影分です。

出猩々の発芽

南天

ケヤキ

ヒメジオン



ツツジ

ツツジ

小判草

満開のボタン
                               以上4月29日撮影分

ボタンの花が雨に打たれて散り

八重桜の花も散り地面を染めて

シランの花も
散り落ちています

エニシダが散る脇でヒナギクが

睡蓮のつぼみがいつの間にか大きく
                  以上5月4日撮影分(春の終わり、夏の予感